葬斂の奏者-亡失に顔を逸らす諸人へ

葬斂の奏者-亡失に顔を逸らす諸人へ

現役葬祭プランナーが、葬儀の常識・マナー・風習・疑問を詳しく解説するニャ

【供花のお礼】はどうする?葬儀で頂いたお花への御礼と文例

葬儀の供花

葬儀会場では祭壇だけでなく、頂いたお供物や供花も飾ります。親族をはじめ、故人の知人友人、喪家と付き合いのある方、会社や団体など、故人へのお供えの意味と会場をより華やかにという意味で、頂いた生花は遺族にとってとてもありがたいものです。

葬儀で頂く供花

供花は喪家から出すものに加え、親族内、知人や会社関係など各方面から届けられます。生花の金額は10,000~30,000円と大きさや内容によって様々ですが、首都圏では15,000×1基というのが一般的です。また、喪主や葬儀委員長など主要な方は、大抵の場合1対(2基)用意します。

誰から頂いたのか記録しておく

生花や供物は葬儀社さんが通夜の前日や当日にリストにまとめてくれます。しかし現地へ別の花屋さんが持ち込んだり、持参してくる会葬者もいます。葬儀後にしっかりとお礼が出来るように漏れの無いよう記録しておきましょう。

後になって「注文したのに私の花が無かった」と言い出す親族もいますので、写真に撮っておくことをお勧めします。

また将来、供花を頂いた方やその身内に不幸があるかもしれません。その時は逆にお花を贈る側になることも考えられます。「貴方のお父さんの葬儀の時には花を贈ったのに、私の父には貴方から供花は無いのね?」と嫌味を言われたり、トラブルに発展することの無いよう注意しましょう。

供花に対するお礼の方法

お花に対してのお礼は、電話か礼状で挨拶するだけというのが一般的です。葬儀会場で直接会う方なら口頭でお礼を述べても良いでしょう。しかし、当日出席できず、会場に来てない方対しては、必ず連絡して御礼の挨拶をしましょう。

相手は葬儀が終って何も連絡がなければ「ちゃんと供花が届いたか?」と不安がっているかもしれません。また「非常識だ!」と思われ、今後の付き合いに支障が出てしまうかもしれません。

生花の金額に対して3割くらいの品物を贈る方もいますが、現金で頂いたわけでないので、品物を用意する費用として遺族に余計負担が掛かってしまいます。相手は少しでも故人や遺族の為にと贈っていただいた供花ですので、お礼の挨拶だけで良いでしょう。

供花と併せて香典も頂いているのであれば、お花の分を少し上乗せして香典返しをするようにします。

供花(生花)へのお礼状文例

 

供花への御礼文

 

謹啓
 故 〇〇〇〇 儀 葬儀に際しましてはご懇篤なるご供花を
御恵贈賜り有り難く厚く御礼申し上げます
早速式場に供え葬儀に一層の彩りを添えさせて頂くことができました
つきましては早速拝謁し親しくお礼を申し上げる筈ではございますが
略儀にて失礼ながら謹んで御挨拶申し上げます
                          謹白
 平成 〇〇年 〇月
  東京都〇〇区〇〇町〇丁目〇〇番地〇号
   〇〇 〇〇

お礼をするタイミング

頂いたお花に対して御礼状を送ったり、電話でお礼をする場合は、葬儀後すぐにします(翌日~1週間以内くらい)。お香典返しと併せて品物を郵送するのであれば、忌明け(四十九日)後に送るのが一般的です。

 

【死亡届で銀行口座凍結】は嘘!?役所と銀行の関係、正式な手続きの薦め

f:id:guri222:20170401182449j:plain

「役所へ死亡届を出すと銀行が凍結されるので、ギリギリまで提出しない下さい」

葬儀の打ち合わせ時に遺族からよく聞く要望ですが、これは大きな間違いです。市(区・町)役所へ死亡届を提出しても銀行の口座は凍結(ストップ)されません。むしろ正式な手続きを踏むのであれば、早急に死亡届を提出した方が良いでしょう(理由は後述)

死亡届で銀行は凍結されません

『死亡届』は病院(医師)が死亡診断書(または検案書)を記入して遺族に渡されます。役所への手続きはほとんどの場合、葬儀社が代行して提出します。

死亡届も銀行口座も個人情報

役所での死亡届の情報は個人情報です。これが各金融機関に通達されることはありません。そもそも役所が、日本にある膨大な数の金融機関・銀行・支店の中から、どこに亡くなった方の口座があるのか、いくつ口座を持っているのかを知っているわけもありません。葬儀社も知りません。当然ながら死亡届提出時に預金のある銀行を記す事もありません。銀行側からしてみても、誰かが口座を作るたびに役所へ報告することは無いでしょう。

つまり、銀行は死亡した事実を知ることは出来ませんし、役所も個人の口座情報を知りえません。

銀行はどのタイミングで凍結される?

では、銀行の口座はいつ凍結されるのか?

それは簡単に言うと「銀行が亡くなった事実を知った時」です。

では、いつ死亡した事を知るのか?

 本来であれば、遺族が速やかに銀行へ亡くなった旨を伝えなくてはいけません。このケースが普通で大多数です。他には、家族以外の親類が銀行へ申告することもありますし、銀行が訃報や葬儀の情報を見て遺族へ確認することもあります。

亡くなった事実を伝えていない場合、キャッシュカードでの預金引き出しも可能ですし、窓口でも以前から代理で引き出していたのであれば同じように引き出せます。

そもそも死亡者の口座を凍結しなくてはいけないという法的取り決めがあるわけではなく、それぞれの銀行が独自にトラブル防止(後述)の為、一旦凍結するだけです。

死亡者の口座からお金をおろしても良い?

f:id:guri222:20170401182944j:plain

では凍結されていないのなら、故人名義の預金を引き出しても良いのでしょうか?これは、良い悪いで言えば「悪い」です。口座名義の本人ではないですし、今までは代理であっても本人が亡くなってしまったのであれば代理とはなりません。

金融機関・銀行の取り決めや契約条項に従って、正式な手続きをするべきでしょう。

預金を引き出せなくなる理由

なぜ凍結されるのか。これは相続のトラブルを避ける為です。故人の預金は相続の対象となり、相続の権利がある人で分けなくてはいけません。相続人や親類の一人が勝手に引き出し、全て自分の財布に入れてしまう者が出てくる心配があり、訴訟にも発展する恐れがあります。

銀行側は他の相続人から責任を問われるかもしれません。こういったトラブルを避けるために、銀行は死亡の事実を知った時から口座を凍結されるのです。

お勧めはしませんが、凍結されていないのなら今すぐに「預金をおろしたい」という方は、自分には相続に関するトラブルは心配ないことを確認した上で引き出しましょう。

凍結された口座からの引き出し方法

遺族側からすれば、亡くなったあとは葬儀費用や病院、寺院へのお布施、墓地など火急に現金が必要となります。こういった必要な費用を故人の預貯金で支払いたいと考える人は多いでしょう。実際、多くの方は死亡者の口座からキャッシュカードや窓口で引き出しています。

しかし、預貯金が消滅するわけではありません。必要な書類を揃えるのに少し手間がかかりますが、親類同士のトラブル防止のため、正式に手続きすることをお勧めします。

必要な書類は金融機関によって違いはありますが、基本的には以下の通りです。

  • 死亡者(口座名義人)の戸籍謄本、除籍謄本
  • 死亡者(口座名義人)の通帳、カード、証書 等
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑登録証明書
  • 遺言書

この中で、除籍謄本は死亡届が提出されないと発行できません。

そして除籍謄本の発行は死亡届が受理されてから、数日~一週間程度かかります。死亡届の提出先が遠方ですとそれ以上かかることもあります。つまり、亡くなった方の預金を引き出したい場合は、出来るだけ早くし死亡届を出した方が良いのです。

 参考:死亡・相続に関する各金融機関のwebページ

ゆうちょ銀行-相続手続き

 

 

四十九日の香典は【御霊前】と【御仏前】どっちの袋?

香典袋の香典袋の表書き

四十九日(七七日忌)法要って何をするの?

故人が極楽浄土へ行けるよう、遺族や近しい親族、知人が僧侶とともに祈る儀式です。

集まった者達が故人の善行(善い行い)を想うことで、審判をする閻魔大王により良い判定を出してもらえると考えられています。これを追善供養と言います。亡くなった日を1日目とし7日ごとに行います。最近では、初七日(一七日)は葬儀の日に合わせて行いますが、それ以降二七日、三七日、四七日、五七日、六七日は省略することが多いです。

四十九日(七七日)法要は最後の審判ということで重みを置き、仏式であればほとんどの方が行います。この法要と併せて、本位牌への魂入れ(開眼供養)や納骨を行うことも多いです。

四十九日の香典の相場

家族も香典を出す?

葬儀も同じですが、四十九日に掛かる費用は基本的には喪主が負担します。喪主と同居している家族は香典の必要はありません。特に香典を辞退している場合を除き、喪主の兄弟(姉妹)なども香典を用意するのが一般的です。

四十九日の香典は新札でもいい?

新札で構いません。

通夜、葬儀の時は「急なことにも拘わらず、前もって準備していた(死を待っていた)」と感じられる形となるのでマナーとしてNGですが、四十九日は事前に知らされているものであり、仏様へのお供えですので綺麗なものが良しとされます。

しかし、本来の意味をとらえ違え「祝い事でないので、全ての法要・法事は新札ではいけない」と考えている人も少なくありません。

喪主がどういう考え方をしているか解らなければ、新札に一度折り目を付けて用意するのが無難かもしれません。

香典の相場

お香典は気持ちですが、やはり相互扶助の考えから喪主(主催者)の負担を減らす配慮が必要です。故人や喪主に近い血縁関係であれば少し多めに包みましょう。

一般的な相場は…

親類は、1~3万円

友人や職場の関係であれば、5000~1万円

参加する人数によっては喪主の負担にならないように、下記の金額も考慮し包みます。

会席・会食に掛かる費用

法要の後の食事代です。1人あたり3000~5000円。子供は2000円程度。

引き出物

1家族(場合によっては1人)当たり1000~3000円程度。

四十九日の香典の表書き

数珠

よく「四十九日までは”御霊前”、四十九日の以降は”御仏前”」と言いますが、四十九日の当日はどちらなのでしょう?

香典袋は「御霊前」か「御仏前(御佛前)」か?

結論から言うと、各宗派とも四十九日が基点となることは示していても、当日のいつを境に変わるのか明確な線引きはしていません。

しかし当然、法要の前、法要中は故人は霊の状態ですので、四十九日法要が終るまでは『御霊前』です。その後、会食の席、自宅に戻り本位牌が仏壇入るまでが微妙なところではありますが、法要を終えたという点から『御仏前』が妥当かと思われます。

また、四十九日法要は実際の49日目より前に繰り上げ(前倒し)て執り行うことが多いです。亡くなってから40日目に四十九日法要を挙げた場合も、49日経過したと考えている為、上記と同じように法要後は『御仏前』で良いでしょう。

浄土真宗は「御仏前」

浄土真宗では、亡くなられてすぐに仏となる「即身成仏」の考え方から、霊の状態はありません。その為、四十九日はもちろん通夜・葬儀の時も『御仏前』となります。

迷った場合は『御香典』で良い

『御霊前』でも『御仏前』でも受け取る側の喪主(主催者)はそんなに気にしていません。私も多くの葬儀を見ていますが、香典の表書きに対して文句や陰口を言っている喪主様にあったことはありません。

正しいものと一般常識に違いがあるのが世の常です。

地域の慣習や親類の考え方に合わせたいのであれば、恥ずかしがらずに事前に相談しましょう。また、どうしても迷ったり、宗派がわからない場合は『御香典』の袋に入れるのが一番無難です。

 

【態々】【拝趨】あなたは読めますか?弔電や礼状で使われる難しい漢字の読み方と意味をまとめてみました!

弔電の漢字

どの業界でも専門的な言葉はあると思います。葬儀業界でも普段日常では使わない、多くの言葉があります。各宗教の言葉、へりくだった言葉や敬語、挨拶やナレーションで使う言葉、何年も葬儀業界にいる方が読めなかったり意味を知らないっていう事もよくあります。今日はそんな「読みづらい漢字」「丁寧すぎて普段使わない言葉」をいくつか紹介します。実は私の勉強や復讐も兼ねていますが(^^;)

続きを読む

遺骨は宇宙へ飛ばし月に散骨!?究極の自然葬【宇宙葬】が凄い!

f:id:guri222:20161128221359g:plain

こんにちは。葬儀後の相談として一番多いのが『納骨』についての事です。霊園や墓石屋さんの紹介は昔からありますが、近年、納骨方法の問い合わせが増えてきました

その中でも特に多いのが、一般的な納骨とは異なる『自然葬』と『永代供養』などの将来の管理に携わりたくないようなご相談です。今日は究極の自然葬をご紹介します

続きを読む